ホーム > 法人のお客様 > 訴訟

法人のお客様

当事務所の提供する法人のお客様向けの業務の一部をご案内します。

訴訟

裁判所の発表する司法統計によれば、平成20年度で20万件を超す訴訟が提起されており、しかもその数は年々増加する傾向にあります。

これは企業にとっては、訴訟の当事者となるリスクが高まってきていることを意味します。訴訟には費用も時間もかかるため、必ずしも紛争解決のための第一の手段ではない場合も多いのですが、訴えられた場合は降りかかる火の粉は払わなければなりませんし、また、訴訟以外に解決の方法が見いだせない場合もあります。

訴える場合も、訴えられる場合も、訴訟を勝ち抜くためには、徹底した事実の調査及び法律面の検討と共に、これらに立脚した明確な戦略が必要です。

当事務所では、依頼者様から事情をお伺いした上、冷静な目で紛争における強みと弱みを分析し、目指すべき結論に向けた戦略を立ててご説明し実行します。

次に、当事務所の弁護士は、裁判所の期日ごとに依頼者様にご報告を行う中で、裁判所でどのような主張がなされ、また裁判所がどのような訴訟指揮を行ったのか明らかにし、お客様が訴訟の状況を常に把握できるように致します。訴訟の進行中も、相手方の主張や証拠を検討した上で、さらに具体的な勝利への道筋を検討していきます。

当事務所は、依頼者様の紛争解決のパートナーとしてお役に立てることを願っています。当事務所にご相談されたい方は「ご相談の流れ」へどうぞ。

ホームへ戻る

ページの先頭へ戻る